コンテンツ
ヘッダ

ラベンダーの花言葉に揺れながら〜ベビーサイン*アルバムつくり*ベビードリームアート〜

ベビーサイン・スクラップブッキング・ベビードリームアートのクラスを展開しながらの日常の徒然。
美味しいもの、かわいいもの、大好きなもの、気持ちの動きなどなど。

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
次女のお人形
記事本文
「アニカ」は、お肌が綿100%の別珍で出来た特別上等なお人形です。
身長は約38センチ。

1年半くらい前にふとウェブ上で目に留まり、「絶対素敵!かわいい!」と思ったお人形が「アニカ」でした。

娘たちは2人とも小学生だったし、いまさらお人形?と思ったりはしたのだけど、でもきっと絶対に喜ぶはず!と、次女のパートナーとして7歳のお誕生日にアニカを迎えました。



そのアニカのお店が、今年の3月に閉店だそうです。
残念すぎる、、。

コンセプトもクオリティも世界観も大好きでした。

閉店とわかり、8歳のお誕生日に買い足してあげようと思っていたあれこれを、今朝慌てて駆け込みでお買い物。
でも、もうないものもたくさんありました。。

だけど、次女のアニカには、ショップにはないお洋服が何枚もとお洋服ハンガーラックがあります。
お洋服はおばあちゃんが、ハンガーラックとハンガーはおじいちゃんが作ってくれました。



これは、もう、本当に、唯一無二。
しかも、お洋服は自分とお揃いだったりもするというスペシャルさ!


毎晩一緒に寝て、毎朝一緒に起きてくるアニカ。
アニカに出会えて、アニカを我が家に迎えられて良かった!

お店がなくなっても、変わらずアニカは宝物であり続けると思います。
(でもやっぱり閉店は残念〜!)

興味持ってくださった方!
今ならまだ間に合うかもしれません。
女の子には本当にオススメです。

http://www.anikaclub.com
記事続き
タイトル
タイトル
「大きい1年生と小さな2年生」
記事本文
古田足日さんの、「大きい1年生と小さな2年生」は、わたしの思い出の1冊です。

その昔、わたしが1年生になった時に、祖父が買ってくれた本。



その思い出の1冊を、次女が貪るように読みました。

かつての本は、今はどこへ行ってしまったのかわからないので、図書館で借りたものですが。

姉妹共に「本好き」ではあると思うけれど、比較するとより「本の虫」なのは長女で、次女の選ぶ本は、長女が次女の年に選んでいたものよりも幼さが残ります。(長女は8歳成り立てで、ダイジェスト版ではない「小公女」を読んでいたけど、次女があと半年でそこまで辿り着ける気がしない、、)(まぁそれはそれで良いのだけどね〜)

なので、「大きい1年生と小さな2年生」も、途中で読むのやめちゃうかなー?と思っていたりしたのだけど、それは杞憂でした。

きっと、主人公のあきよちゃんが、ものすごく自分と重なったのもあるのでしょう。



わかりますか?

「四月。あたらしい学年がはじまった日のごごのことです。とうきょうのはずれの、あるまちのはらっぱで、ふたりの女の子があそんでいました。みずむらあきよとふじおかまり子です。
ふたりとも二年生です。でも、せがひくいので、ようちえんの子ぐらいにしかみえません。もちろん二年生ではいちばんチビです。」

この、ようちえんの子ぐらいにしかみえない、二年生でいちばんチビというところ!まさに、次女!

そんなわけもあり、主人公のあきよちゃんに自らを重ね、本の世界に入り込んで、お風呂に入ってね!も、はやく寝なさい!も、馬耳東風。

でも、おかげさまで、またひとつ、共通の思い出を語れる本が増えました。

個人的には、内容ももちろんなのですが、見返しにある地図が大好きです。



「ぶたぶたくんのおかいもの」や「エルマーのぼうけん」「くまのプーさん」など、物語の軌跡がわかる地図がある本って、ときめきます。

さぁ、次は何の本を思い出共有できるかな。とってもたのしみです。



余談ですが、長女は目下、「黒魔女さんが通る!!シリーズ」にどハマりしていて、こちらはわたしが未読、、。まったく話についていけません、、。(お友達のオススメだったらしいです。)

拒否してないで読むべきでしょうかね???


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/黒魔女さんが通る!!

シリーズ物で、何と累計400万部!
20冊とか出てるそうです。

人気なんだねぇぇ。


記事続き
タイトル
タイトル
2月29日なので、、
記事本文
4年に一度の、2月29日。

3月29日生まれの次女は、「久しぶりに11ヶ月になる日がある〜♪」とはしゃいでいます。

5歳11ヶ月も、4歳11ヶ月も、2月28日の次が3月1日なのが、不満だった様子。

そんなわけで、今日は次女の「6歳11ヶ月記念日」

そう思うと、より貴重な感じかも!
そして、7歳へのカウントダウンがはじまりました。
記事続き
タイトル
タイトル
七五三〜次女7歳
記事本文
2015年11月7日土曜日、次女の七五三参りを無事に済ませました。

今回も、明治神宮へ。

11月の土曜日、さぞや混雑しているだろうと思っていたのだけど、思いのほか七五三の子は少なめ。
帰ってきてから、ああそうか、仏滅だったからかもしれないな、と思い至りました。

完全に結果論ですが、昨日の土曜日は仏滅だったけどお天気は曇り。今日の日曜日は大安だけどお天気は雨。ってことで、昨日で正解だった!と、家族で喜んでいます(^-^)



30年前の総絞りの着物を着ました。
私の祖母、つまり娘たちのひいおばあちゃんが、わたしの妹に買ってくれた一枚。

受け継げること、幸せだなと思います。

元気に成長してくれてありがとう。
これからも心も身体も健やかに、次女らしく伸びていけますように。

記事続き
タイトル
タイトル
幸せ!と感じる力
記事本文

今日の上野動物園、見たものは、

パンダ
ゾウ
サル
カピバラ
ラマ
エミュー
レッサーパンダ
ペンギン
フラミンゴ
ハシビロコウ

上野動物園に詳しい人にはわかると思うのだけど、これ、正門から東園に入り、西園に抜ける最短ルート上にいる動物のみ。
これを、さらーっと流しながら歩き見しただけ。

ライオン、トラ、クマ、ゴリラ、ホッキョクグマ、キリン、カバ、ワニ、などなどなど、見てないものの方が、断然に多い。
なのに、動物園出てバス停でバスを待つ間に、『ママ、動物園、たのしかったね!パンダいたね!ゾウもいたね!カピバラもペンギンもハシビロコウもいたね!』

と、嬉々とした顔で次女に言われて、わたくし、ちょっとうるり。

『他の動物も見たかった』『全然見られなかった』という感想が出るのも想像に難くないのに、、。

こういうの、絶対下の子の方が、幸せの沸点が低いと思います。

こないだも、多分抗議の声が上がるだろうなぁと思いつつ、『3年位経って今の自転車がちいさくなったら、次の自転車はお姉ちゃんが今使ってる22インチをお下がりでもらえば?』と、言ってみたら、キラッキラの笑顔で、『うんっ!そうだね!!それがいいね!』と言われました。

夫は長男で第一子。私は長女で第一子。長女は長女で第一子。

なので、我が家で唯一の第二子である次女は、たまに理解不能で、ワガママでめんどくさい部分もあるのだけど、逆に見習わねばならない部分がたくさんあるなぁと、しみじみ思ったのでした。

あかちゃんのときから、「おとうさんおかあさんひとりじめ」が当たり前の第1子と「待ちの時間があたりまえ」の第2子以降の違いなのかなあ〜と思ったりも。

おまけ。

そして、今日の夜、マツコデラックスがはじめてディズニーシーへ行く、という企画をテレビで観た次女、『わたし、あと何年位したら、ディズニーシーにいける?』と尋ねられました。都内在住なのに、次女はシー未体験。ちょっと不憫になってきた…。

記事続き
タイトル
タイトル
次女の自転車
記事本文
次女、小学1年生。
補助輪をはずしたのはいつのことだったか、、。
もう記憶が怪しいレベルですが、多分1年以上前。
そのときは、長女のお下がりの16インチでした。

でもこの16インチが、本当に本当にボロボロ。
長女4歳から、長女補助あり→補助なし→次女補助あり→補助なし、、と現役だったことと、何せ2人分の補助輪はずしに貢献してくれたので、何度も転びまくった結果、かごははずれかけ、フレームも曲がっているという、年季入りまくりの代物でした。

そんなこんなで、わたしの母からの入学のお祝いという名目も兼ねつつ、6月頃次女のもとにやってきた新しい自転車。そのサイズ、20インチ。
ぴかぴかの自転車に、もちろん大喜びでウキウキニコニコだった次女ですが、16インチから20インチへのサイズアップで重さとバランスに苦戦。届いてすぐに何度かチャレンジしたものの、「まだのれない」とへこたれて、しかもその後はなんだかんだ忙しかったため、時間もとれず、お天気も恵まれずの週末が続き、夏休みは親子共々夏の暑さに負けて外での練習に付き合うのも厳しくて、時間だけが経過。あれよあれよとひと夏超えてしまったのです。

でもこのままじゃダメ!!と(わたしが)一念発起。
はじめは乗り気じゃなかった次女を、シルバーウィークで時間がある今!と、叱咤激励しつつ、昨日の午後練習に連れ出しました。前半は泣き言漏らしつつ、「大きくて重いからむり」とか言ってましたが、そこはスパルタ式に厳しい言葉で話し、時には「じゃあもう乗れなくっても良いんだね?」と突き放したりもし、号泣も挟み、やっと入ってくれた「やる気スイッチ」。
その結果、何とか暗くなる頃にこつをつかみ乗れるようになり、ドヤ顔で帰宅。練習時間3時間、やる気スイッチ入ってからは1時間。もー、あっけないったらありゃしない!!

やっぱり気持ちが大事なんだな〜。
「どうせ出来ない」と思って時間だけかけたって、出来るようになるわけない。「ぜったいできる!」って思ってやれば、それは絶対に近道になるのですね。

次女は、「20インチの自転車に乗れる」という技量を身につけただけではなく、「気持ちが大事」ということも、実体験として得られたみたい。ある意味、棚からぼたもち。とても大事なことを学んでくれました。

「起こることは全て最善!」
わたしの最近の座右の銘。

乗れないままに過ごした数ヶ月は、無駄ではなく、ここに意味があったのかもしれません。

記事続き
タイトル
タイトル
鍵盤ハーモニカを買う
記事本文
小学1年生の次女が、鍵盤ハーモニカを用意するように小学校からお手紙をもらってきました。

頭っから「ピアニカ」のつもりでいたら、学校斡旋は「メロディオン」。

ヤマハじゃなくてスズキなのね〜。
わたしは、ピアニカでした。
クリーム色の鍵盤数が少なめのやつ。
鍵盤数が多い水色のピアニカがちょっと羨ましかったのをよく覚えています。

で、メロディオンにはグリーンとピンクがあって、どちらでも可愛かったのだけど、ピンクにしました。
昔はピンクはなかったよなぁぁ。

学校斡旋よりも、ネットの方が型番同じモデルがリーズナブルに扱われていて、しかも楽天ポイントもあったので、それなら自分で頼んじゃお、ってことに決めて、週末にオーダー。

そしてもう届きました!早いっ!

御多分に洩れず、初日はピーピーと無駄に吹いていてうるさかった〜。
まぁ仕方ないね。通り道だよね。

6年保証、無いお店の方がお安かったのだけど、結局あるのを選びました。
壊すことはないような気がしているのだけも、何かの時には安心です。



大事にいっぱい使ってね!

記事続き
タイトル
タイトル
ロングマフラー完成!
記事本文
卒園間際、最後の最後に幼稚園で次女が作ってきた『マフラー』は、長さにして160cm超の大作でした。



通常登園は明日が最後。

実感がわかなくて困っています、、。
記事続き
タイトル
タイトル
次女の学習机
記事本文

次女の学習机が届きました〜!

iPhoneImage.png

あー、可愛い。あー、素敵。
このままわたしのデスクにしたい。

物がないっていいなー。
でも、このままじゃいられないのよね。
ここに学用品やら辞書やら並んで、ギュウギュウになって行くのだわ、多分。

でも、できるだけキープして欲しいなー!
大人になっても使えるもの、として選びました。
大事に長く使って欲しいです。
 

記事続き
タイトル
タイトル
運動会@年長
記事本文
秋晴れの土曜日、昨日は次女の運動会でした。



年長さんとして臨む最後の運動会。花形であり作り手であり、いろんなことが年長さん中心に進められる運動会。年少、年中のときとはやはり違うもので、親も子も、特別感たっぷりでした。

私は、お手伝いお母さんとして園児席にべったりはりついていたのだけど、学年としてのまとまり、クラスの絆、子供たちひとりひとりの姿勢、どれをとっても間違いなく、10日前の予行演習の時よりも格段にレベルアップしていて、素晴らしかったです。



みんな可愛かった!
みんなかっこよかった!

組体操の大技には拍手喝采。
クラスの対抗リレー、ドラマチックな展開に、応援に力が入り過ぎて頭も喉も痛くなりました(笑)
素敵な一日をありがとう!

あー、2学期の一大行事の運動会終わっちゃった!
さみしい〜!

しばらく余韻に浸ります^_^
記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.