コンテンツ
ヘッダ

ラベンダーの花言葉に揺れながら〜ベビーサイン*アルバムつくり*ベビードリームアート〜

ベビーサイン・スクラップブッキング・ベビードリームアートのクラスを展開しながらの日常の徒然。
美味しいもの、かわいいもの、大好きなもの、気持ちの動きなどなど。

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
幸せ!と感じる力
記事本文

今日の上野動物園、見たものは、

パンダ
ゾウ
サル
カピバラ
ラマ
エミュー
レッサーパンダ
ペンギン
フラミンゴ
ハシビロコウ

上野動物園に詳しい人にはわかると思うのだけど、これ、正門から東園に入り、西園に抜ける最短ルート上にいる動物のみ。
これを、さらーっと流しながら歩き見しただけ。

ライオン、トラ、クマ、ゴリラ、ホッキョクグマ、キリン、カバ、ワニ、などなどなど、見てないものの方が、断然に多い。
なのに、動物園出てバス停でバスを待つ間に、『ママ、動物園、たのしかったね!パンダいたね!ゾウもいたね!カピバラもペンギンもハシビロコウもいたね!』

と、嬉々とした顔で次女に言われて、わたくし、ちょっとうるり。

『他の動物も見たかった』『全然見られなかった』という感想が出るのも想像に難くないのに、、。

こういうの、絶対下の子の方が、幸せの沸点が低いと思います。

こないだも、多分抗議の声が上がるだろうなぁと思いつつ、『3年位経って今の自転車がちいさくなったら、次の自転車はお姉ちゃんが今使ってる22インチをお下がりでもらえば?』と、言ってみたら、キラッキラの笑顔で、『うんっ!そうだね!!それがいいね!』と言われました。

夫は長男で第一子。私は長女で第一子。長女は長女で第一子。

なので、我が家で唯一の第二子である次女は、たまに理解不能で、ワガママでめんどくさい部分もあるのだけど、逆に見習わねばならない部分がたくさんあるなぁと、しみじみ思ったのでした。

あかちゃんのときから、「おとうさんおかあさんひとりじめ」が当たり前の第1子と「待ちの時間があたりまえ」の第2子以降の違いなのかなあ〜と思ったりも。

おまけ。

そして、今日の夜、マツコデラックスがはじめてディズニーシーへ行く、という企画をテレビで観た次女、『わたし、あと何年位したら、ディズニーシーにいける?』と尋ねられました。都内在住なのに、次女はシー未体験。ちょっと不憫になってきた…。

記事続き
前後の記事
<< 「キュッパのびじゅつかん」へ | TOP | キュッパのびじゅつかん ふたたび >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き

Comment

URL(U)
Comment(C)
Cookie
コメント送信
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.