コンテンツ
ヘッダ

ラベンダーの花言葉に揺れながら〜ベビーサイン*アルバムつくり*ベビードリームアート〜

ベビーサイン・スクラップブッキング・ベビードリームアートのクラスを展開しながらの日常の徒然。
美味しいもの、かわいいもの、大好きなもの、気持ちの動きなどなど。

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
絵本のある生活
記事本文
我が家の娘たちはもう2人とも小学生ですが、家にはたくさんの「絵本」があります。
まだまだ娘たちには絵本を読んでもらいたいし、愛着があってどうしても手放せないのです。
 
絵本は、心の栄養。
そのときだけ楽しい、「流行りもの」の絵本も世の中に溢れていますが、
年齢が重なり、大きくなってもまた手に取りたい、良質の絵本もたくさんあります。
良い絵本に出会えることは、人生を豊かにしてくれることにつながるとわたしは思っています。
 
絵本は、幼稚園くらいまで、と思っていらっしゃるかた!
それは大きな間違いです。
小学生にこそ、絵本。(もっと小さい子には言うまでも無く・・・)
そして、大人にも、絵本。(良質の絵本に触れることで、癒されること間違いなし)
 
文字が読めるようになり、絵本から本への移行期間である小学生時代。
本好きな娘たちなので、読むことは楽しい以外の何物でもなく、4年生の長女は大人向けの小説や長編大作もどんどん手に取り読んでいます。
 
それでも、絵本は偉大です。
絵本があるから培われるものがまだまだあるなあと思います。
 
実際それは各方面から評価されていて、小学校でも、読み聞かせの時間があって、それは低学年だけではなく最高学年の6年生も同じです。
 
絵本、大きくなったから処分!と考えるその前に、もう一度絵本と向き合ってみると、新たな世界が覗けるかもしれません。



おすすめ絵本の一部。
ベビーサインクラスでご紹介するものもあります。
「きみがしらないひみつの三人」は強力にオススメ!
こどもにもおとなにも響くものがあると思う。




 
シャーロット・ゾロトウ,ロジャー・デュボアザン

記事続き
前後の記事
<< ベビーサインアソボーノクラスは明日です♪ | TOP | ベビーサインコースクラス@アソボーノ!4回目 >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き

Comment

URL(U)
Comment(C)
Cookie
コメント送信
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.