コンテンツ
ヘッダ

ラベンダーの花言葉に揺れながら〜ベビーサイン*アルバムつくり*ベビードリームアート〜

ベビーサイン・スクラップブッキング・ベビードリームアートのクラスを展開しながらの日常の徒然。
美味しいもの、かわいいもの、大好きなもの、気持ちの動きなどなど。

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
ベビーサイン講師、丸10年!
記事本文
ベビーサイン講師になり、丸10年が経ちました。



この10年、ありがたいことに活動し続けてくることができました。
関わってくださった全ての皆さまと、そのご家族に感謝します。

講師として生徒の皆さまにベビーサインをお伝えしていく立場ですから、「あかちゃんがいるご家庭で、ベビーサインをやらないなんてもったいない!」と声を大にして主張するのはもちろんそうなのですが、今回は、講師としてではなく、ひとりの母としての想いを。

ベビーサインは、我が家の歴史を語るにも避けて通れないものです。
200を超えるベビーサインを通して、2人の娘たちのあかちゃん時代に受けた恩恵は数知れず、娘たちが小学生となった今でもなお、ベビーサイン時代に培ったあれこれが根っことなり、親子関係の基盤になっていることをしみじみ感じています。

今、母になり10年ですが、10歳の子の母をするのは初めてです。
この先、我が子が中学生になり高校生になり、母親歴がどんなに伸びても、第一子の年齢と母親歴は永遠に同じ。子供に初めてのことは親としても初めてなんですよね。

思春期も近づき、あかちゃん時代とはまた違う心配も悩みも出てきていますが、おしゃべりの前からベビーサインでコミュニケーションがしっかり取れていたことの自信が、「わたし」を強めてくれています。

母の気持ちがぶれないことって大切。
これもまた、ベビーサインが起源になっているのかな。

当時、まだ今ほどメジャーではなかったベビーサインをやってみよう!と思った10年前のわたしに拍手!
そして、身になるのかどうかもわからなかったのに、講師育成を受けて良いよと言ってくれた夫に感謝。
ベビーサインをたくさん使ってくれた娘たちに感謝。

そして、ベビーサインをきっかけにして繋がった全ての皆さま、ありがとうございます。
これからつながる皆さまはどんな方がいらっしゃるのか、とても楽しみです。

これからもどうぞよろしくお願い致します!

おまけ。
幼い頃からの絵本好きは変わらず、今はまさに「本の虫」となりました。
これは、とてもとても、嬉しい置き土産です。




7月スタートのベビーサインクラスの募集がはじまりました。
6月には体験会も行います。
気になっている方、ぜひ!

詳細はコチラへ。
http://www.babysigns.jp/author/tarusa/

★お写真教室も展開中です★
http://ameblo.jp/catch-this-moment/
記事続き
前後の記事
<< ベビーサインがわかる人との交流の機会の大切さ | TOP | ベビーサイン延長クラス@カフェhahaco >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き

Comment

URL(U)
Comment(C)
Cookie
コメント送信
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.