コンテンツ
ヘッダ

ラベンダーの花言葉に揺れながら〜ベビーサイン*アルバムつくり*ベビードリームアート〜

ベビーサイン・スクラップブッキング・ベビードリームアートのクラスを展開しながらの日常の徒然。
美味しいもの、かわいいもの、大好きなもの、気持ちの動きなどなど。

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
【「イクメン」と「ワンオペ」】
記事本文
2016年が終わろうとしています。
早いですね、、!

今日はキッチンの大掃除で午前中が終わってしまいました、。

まだ手をつけてないところだらけ。
もう、がんばるのやめようかな(笑)



さてさて、ちょっと長い文章です。

長女が生まれた頃は「イクメン」という言葉は世の中にはなかったんだけど、それが浸透したと思ったら、今度は「ワンオペ」という言葉が広まってきました。

つまり、11年前は、世の中「家事育児の戦力となる男性」は今よりずっと少なくて、だからそれを担う人を指して「イクメン」と呼んだのですよね。

それって、世の母親たちの多くは「ワンオペ」だったってことだよね?
(ワンオペ=ワン オペレーション、家事育児を母親ひとりで担う状況のこと)

主人は、家庭を大事にしてくれているし、娘たちをとても可愛がっているけれど、いわゆる「イクメン」にはまったく定義されず、そしてわたしは間違いなく「ワンオペ」です。

この言葉が出てきて、「ああ、わたしって、ワンオペだ!」と気づいたときは、なんとも不思議な気持ちでした。

「ワンオペでこんなに大変だ」と主張する特集をたくさん目にしますが、ほんと、時代が変わったんだなって感じています。
働いているお母さんだけでなく、主婦であっても、ワンオペを憂うのは、それが良いとか悪いとかはまったく別として、昔は考えられなかった風潮じゃないかなって思ったりもして。

社会で活躍する女性が増え、イクメンがあたりまえになり、ワンオペだと言うと「大変ね」となってるこの時代、、。
女性が働くのであれば家事育児をシェアしないとどうにもならないことももちろんあって、結果的には男性の担うべき責務が増えているということでしょうか。

それって、真剣に意識レベルの大改革しないとなかなかうまくはまわらない気がします。(逃げ恥の最終回見ても、そう思ったし)

ちなみに我が家は完全にワンオペなので、大掃除もわたしが動かなければなにもはじまらないし、終わらないです。
(子供達は指示すれば動いてくれるから、ことしはこれでもかなりラク。お風呂とトイレと洗面所を任せてみた。)

で、もう子供達が2人とも小学生になったということもあり、別にこれからもワンオペで構わないわ、とも思ってます。

でもそれはつまり、とりあえずなんとかなっているのと、ワンオペ回避のための提案や話し合いや取り決めやその維持をするのに要するであろうエネルギーが、わたしに不足しているだけとも言います。(つまりは比較すると、大改革より現状維持の方が多分ラク、と判断しているということ。そうじゃないワンオペの方は、思い切って大改革をぜひ!)


なんか、なにが言いたいのかわからなくなってきた(笑)

大掃除しなければしないで、それも別にありなのかもしれない我が家。

最低限を適当にやって、のんびりしながら進めようと思いますー。

とりあえずキッチンが綺麗で幸せです(*^^*)
記事続き
前後の記事
<< ベビーサイン アソボーノクラス 2016.12 | TOP | あけましておめでとうございます >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き

Comment

URL(U)
Comment(C)
Cookie
コメント送信
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.